海外deIVF~二人目どうでしょう。~
海外でIVF-ETを経て、妊娠&出産。二人目もIVFに挑戦中でゴザイマス。
BE SHOP 自然な形で体質改善
US製排卵検査薬を安価で販売されております。排卵促進ハーブに興味深々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
術後初のフォローアップ診察。
掻爬手術から約6週間。

診察時間、数分。

内診無し。


↑こんなので、大丈夫なのかね。。。


調子はどう?って聞かれたのと、
胎児の生検(Biopsy)の結果、
FETについてちらっと話して終了。

生検の結果は、1/100の確立で見つかる
weirdな異常は無かったとの事。
染色体異常だったのかどうかは聞かなかったので、
不明。
染色体異常だったのなら仕方無いと思えるのだけど、
そうで無いのだったら、やっぱりアレコレ考えてしまう
訳ですよ。
「アレが悪かったのかな?」
とか。
ま、アレコレ思い悩んでも、結果が変わる訳ではないから
不運だったと思うことに。


FET(凍結胚移植)については、
「自然周期でも、ホルモン補充周期でも
どちらでも好きな方でどうぞ~」
らしく。
やっぱりアバウトだな、某国らしく。

で、ナースにそれぞれのメリット・デメリットを
教えてもらう。
ホルモン補充周期で一番のネックは朝晩膣座薬を
入れた後30分横になっていなくては行けないという事。
夜はまだしも、朝はねぇ。ムスコが待てるはずも無し。
それも、妊娠したとして12週ぐらいまで続くとか。

自然周期は、キャンセルになる可能性が高くなると
いうこと。年内に一度もFET出来ないというリスクがある。
治療費用の関係で年内で治療は終了させたいからなぁ。


どっちにするか早く決めなければ。
【2009/10/27 02:15】 | 二人目プロジェクト | コメント(4) |
| ホーム | 次ページ
広告




妊娠お助けGoodsなど

プロフィール

  • Author:ciao
  • 海外在住。駐妻ではありません。
    熱しやすく、冷めやすい。気が強く、打たれ弱い。そんな私のブログです。
    結婚12年目(2012年現在)・コウノトリ待ち約2年を経て初めてのIVF-ETで妊娠・出産(2006年)。
    (過去記事は一部非公開にしてあります。)

    不妊検査の結果シリアスな問題はなかったが、排卵遅め。

    ---

    2008年 二人目プロジェクト始動。
    2009年 4月 IVF-BT 陰性
    2009年 7月 IVF-BT 陽性
    2009年 9月 稽繋流産(8W3D)
    2009年 12月 NATURAL FET→Cyst出現でCXL
    2010年 2月 HRT FET 陰性 凍結胚盤胞もなくなる。
    2010年 3月 IVF-ET 陰性(化学流産)
    2010年 7月 IVF-ET 陰性 
    2010年 9月 IVF-BT 陰性(化学流産)
    2010年 12月 IVF-ET 陰性
    2011年 2月 ICSI-BT 陰性

    2011年 3月 Natural FET キャンセル
    2011年 5月 HRT FET → 陽性
    2011年 6月 流産(6W)
    2011年 10月 PICSI-BT 陰性
    2011年 12月 ICSI-ET 陽性
      

検索

Google

Web ブログ内

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する(FC2 Users ONLY)
List Me! by BlogPeople

Blog Bookmarks

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。