海外deIVF~二人目どうでしょう。~
海外でIVF-ETを経て、妊娠&出産。二人目もIVFに挑戦中でゴザイマス。
BE SHOP 自然な形で体質改善
US製排卵検査薬を安価で販売されております。排卵促進ハーブに興味深々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
DAY2。

判定日は明日ですが、すでにDAY2なわけ。

生理前のような症状がっつり出てたから
期待はしてなかったけど、やっぱり涙は出たナァ。

でも、気持ちはすでに次に向かっているので、
大丈夫。


振り返ると、今回はドクターとのコミュニケーション不足だったな、と。
反省、反省。


【2009/04/23 01:11】 | 二人目IVF 1st Try | コメント(0) |
採卵~ETまでのまとめ。
8日(水)
06:30AM採卵場所へ(自宅出発は06:00AM with息子&相方)
実際の採卵は07:00過ぎから。

全身麻酔だったが、点滴をはじめてから、おちるまでドクターがずっと
手を握っていてくれたのに、ビックリ。
手術室に入っていった時は手を振りながら迎えてくれるし・・・
なんとも、フレンドリー?
採れた卵は6個。

9日(木)
受精した卵は6個とTEL連絡有り。テンションあがる。
6個受精したので、Blastcyst(胚盤胞)まで培養してトランスファーするとの事。
トランスファー予定日は13日。

10日(金)
1つは分割止まる。一つは分割が早い(速い?)
でも、まだ4つあるからと、TEL有り。

11日(土)
エンブリオロジストからのTELに出られず。
「Don't worry.」とメッセージが残っていたので、
受精卵の状況については、それ程心配せず。


12日(日)
卵が期待通りに分割していない。トランスファーはキャンセルに
なるかも。明日の朝最終確認をしてTELしますとの事。

今プロジェクト初の涙。
トランスファー出来ないのか・・・
ここでダメになるとは・・・次は無いかもな。


13日(月)
あきらめムードだったので、出かける支度を全くしていないところに
TEL有り。
2個分割しているとの事!
慌てて支度をしてクリニックへ。
無事、トランスファー完了。

【2009/04/14 02:00】 | 二人目IVF 1st Try | コメント(2) |
採卵日決定。

本日のスキャン&Blood Testの結果、採卵日は8日水曜日朝に決定。

スキャン中に内膜が明らかに以前より厚くなっているのが見えたし、
卵も大きく(一番大きいので24mm)なっていた。

卵胞は合計8個。右5、左3。

前回は12個だったことを考えると、確実に老化しているなと。


なかなか上がらなかったエストロゲン値も、ここに来て急上昇。
単純な私のテンションも急上昇(嘘)。

前回は激しく痛くてかなりビビっていたトリガーインジェクション(排卵を促す注射)
も注射器が改良されたのか、針が細くなってて、痛くなかったし。
(そのかわり、2本に。)


明日は久々にノー注射デー。
【2009/04/07 02:48】 | 二人目IVF 1st Try | コメント(0) |
採卵予定立たず・・・
全て順調に行けば、6日(月)には採卵のはずだったが、
ホルモン値(エストロゲン)が上がらず、延期に。

「そりゃ、3年前と全く同じ量のFSH注射だもんな。
増やそうぜ、DOSAGE。」

と思う訳ですが、前回、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)に
かかっているので、ドクターは極めて慎重。
そして、一切クスリを増量せず。
一日おきに採血とスキャン(経膣エコー)にクリニックへ。
ドクター曰く、OHSSになるよりはスローでも
エストロゲンの数値が上がって、卵や内膜が育てば
良いのだとか。

さすがに、スキャンを息子には見せられないので、
相方の仕事を調整したりして、何かと大変。
採卵の日程も決まらないし、トランスファーの日程は
前日にならないとわからないし。。。



でも、やるしかないので、がんばるぜ。
明日はちょっとした夫婦の記念日でもあるので、
美味しい物でも食べて卵を育ててきます。
【2009/04/05 00:46】 | 二人目IVF 1st Try | コメント(0) |
あと1週間。

気が付けば、あと約1週間で採卵だ。
早っ。

IVFプロジェクト with 2歳児は、悪くない。
前回の時のように、ネットサーフィンしまくって、
悶々と思い悩む時間なんか全くない。

採卵日にゆっくり休む時間ももちろんないけれど。


前回とは異なって、排卵を抑制する鼻スプレーの代わりに
注射になり、今は毎朝息子の見守る中、一日2本自己注中。

【2009/03/30 03:00】 | 二人目IVF 1st Try | コメント(0) |
| ホーム |
広告




妊娠お助けGoodsなど

プロフィール

  • Author:ciao
  • 海外在住。駐妻ではありません。
    熱しやすく、冷めやすい。気が強く、打たれ弱い。そんな私のブログです。
    結婚12年目(2012年現在)・コウノトリ待ち約2年を経て初めてのIVF-ETで妊娠・出産(2006年)。
    (過去記事は一部非公開にしてあります。)

    不妊検査の結果シリアスな問題はなかったが、排卵遅め。

    ---

    2008年 二人目プロジェクト始動。
    2009年 4月 IVF-BT 陰性
    2009年 7月 IVF-BT 陽性
    2009年 9月 稽繋流産(8W3D)
    2009年 12月 NATURAL FET→Cyst出現でCXL
    2010年 2月 HRT FET 陰性 凍結胚盤胞もなくなる。
    2010年 3月 IVF-ET 陰性(化学流産)
    2010年 7月 IVF-ET 陰性 
    2010年 9月 IVF-BT 陰性(化学流産)
    2010年 12月 IVF-ET 陰性
    2011年 2月 ICSI-BT 陰性

    2011年 3月 Natural FET キャンセル
    2011年 5月 HRT FET → 陽性
    2011年 6月 流産(6W)
    2011年 10月 PICSI-BT 陰性
    2011年 12月 ICSI-ET 陽性
      

検索

Google

Web ブログ内

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する(FC2 Users ONLY)
List Me! by BlogPeople

Blog Bookmarks

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。