海外deIVF~二人目どうでしょう。~
海外でIVF-ETを経て、妊娠&出産。二人目もIVFに挑戦中でゴザイマス。
BE SHOP 自然な形で体質改善
US製排卵検査薬を安価で販売されております。排卵促進ハーブに興味深々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Good Bye, 2012!

波乱万丈の2012年も間もなく終了。
吐き出したいことがたまってきましたので、
約一年振りに更新してみます。

ネガティブなことしか書きませんので、
ご了承の程。
続きを読む
【2012/12/31 22:38】 | Not elsewhere classified | コメント(1) |
無理矢理

気持ちを切り替えて、前向きになろうと
しなくていいんだよね。

ありがとう。
【2012/02/15 11:30】 | Not elsewhere classified | コメント(0) |
Not fair.

流産がわかったとき、ドクターに言われて、涙が溢れてしまった言葉。

Not fair



相変わらず、暗くて、すみません。

昨日も涙を流しながら、息子を学校まで迎えに行った。
サングラスをしていたので、誰も気がついていないと思うけど。
【2012/02/07 12:09】 | Not elsewhere classified | コメント(1) |
Follow up consultation

組織検査の結果を聞きにいってきました。


異常なし


子宮後屈

(普通とは反対側に曲がっているそう。それ、子宮後屈だよね?)
トランスファーの時、遠くに置けば問題なし。

CervixがTight

手術の翌日にTELで言われたけど、詳細確認し忘れ。
又今度会ったときにでも確認しよう。

【2011/09/22 12:38】 | Not elsewhere classified | コメント(0) |
子宮鏡検査とソウハ手術
7時集合。

~延々待たされる~

9時半頃オペ室の前室へ移動。

10時頃か?

痛み全く無し。

出血もそれ程多からず。
【2011/09/19 21:40】 | Not elsewhere classified | コメント(0) |
ソローリと

動き始めますた。

今更ながら、ものすごいDownなエントリーでしたな、前回・・・


旧ドクターから紹介されたドクターに会いに都市部へ行く。
乗り慣れない電車で片道1時間半弱。



治療歴が届いていないと言われ、実りのある話は出来ず。
(予め届いていないと言ってくれれば、用意したのにさ)
IVF費用が予想していたより高く、高額な検査をするように
言われ、又、通院も大変なので、そのドクターの下での治療は諦める。
それまでのドクターがすごく優しいおじちゃんだったので、
ビジネスライクな口調に冷たい印象を受ける。



当地で評判の良いドクターと会う。
全ての治療歴のデータを用意していったので、有意義な話が出来た。
IVF費用は前クリニックよりかなり高額だが、
試してみる価値ありと判断。ドクターの人柄も良さそうだ。
当地では珍しい不妊治療のみを行っているドクター。
(産婦人科業務兼務のドクターが一般的)



散々迷った挙句、全身麻酔での子宮鏡検査とソウハ手術を
受けることに決定。

ま、こんな感じです。


【2011/09/15 15:36】 | Not elsewhere classified | コメント(0) |
どうなるでしょうか。

性格が歪んできすぎてる今日この頃。


相方が嫌でたまらん。

私の結婚生活ってなんだったんだろ。
楽しいこともたくさんあったんだけどさ。
私が病気で何ヶ月も臥せっているときも、
すごくお世話になったのだけどさ。

不満の根源は二人目計画がうまく行かないこと
だとは思うのだけれど。

つらいときにはなぐさめて欲しいし、
くだらないことで愚痴ったときにも耳を傾けて欲しい。
ここには誰もいないんだよ。何でも話せる本当の友達なんて。

自分の妹の妊娠の経過を心配するぐらいなら、
「おめでとう」と祝福される妹のそばで
しんどい思いをしていた私の心を心配して欲しい。




【2011/07/12 01:44】 | Not elsewhere classified | コメント(0) |
諦められないの。
よく言われるのは
「○○(←息子)がいて良かったね」
という言葉。

一人いるからまあいいじゃないの。と。


至極御尤もな意見ではあるのだけれど、

それを他人に言われるのは、ちょっと違うんだよな。
私の気持ちは同じ経験をしてきた人にしかわかりっこない。
同じ経験をした人にだってわからないかも知れないけれど。

経済的に治療継続は困難なのだけど、
やっぱり諦めきれない自分がいて。

自分の中ではタイムリミットはあと一年で、
その身体的年齢の限界前(←あくまで自分で設定)
に諦めてしまっては確実に後悔する。


【2011/06/30 15:57】 | Not elsewhere classified | コメント(0) |
Blood Test

本日、Pathologyにて血液検査。
6本血液を抜かれてまいりました。

検査項目は

・Thrombophilia Screen 血栓形成傾向
・anti-Phopholipid antibody 抗りん脂質抗体
・TSH 甲状腺刺激ホルモン
・anti TG-ab
・anti TPO-ab

あれ、5項目だ。
何故に6本とったんだ。単なる間違いか?


【2011/04/05 00:40】 | Not elsewhere classified | コメント(0) |
ドクとお話。
前エントリーで書いた

自己免疫性疾患=卵の質が悪い

に関連して、

自己免疫性疾患=不育

なんじゃないか、、、という疑念のもと
クリニックのナースに問い合わせをしてみた。

自己免疫性疾患というおおざっぱなものじゃなく
持病をずばり伝えて、これって習慣性流産の
原因なのではないか?と。
出来れば不育症のスクリーニング検査を受けたい、と。

今更遅いのだけど、今のクリニックでの最後の
FETを前に不安要素は消しておこうと思いまして。

すると、ドクターに呼び出されました。

で、4歳児と共に小一時間お話し聞いてきましたよ。

続きを読む
【2011/04/03 02:23】 | Not elsewhere classified | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
広告




妊娠お助けGoodsなど

プロフィール

  • Author:ciao
  • 海外在住。駐妻ではありません。
    熱しやすく、冷めやすい。気が強く、打たれ弱い。そんな私のブログです。
    結婚12年目(2012年現在)・コウノトリ待ち約2年を経て初めてのIVF-ETで妊娠・出産(2006年)。
    (過去記事は一部非公開にしてあります。)

    不妊検査の結果シリアスな問題はなかったが、排卵遅め。

    ---

    2008年 二人目プロジェクト始動。
    2009年 4月 IVF-BT 陰性
    2009年 7月 IVF-BT 陽性
    2009年 9月 稽繋流産(8W3D)
    2009年 12月 NATURAL FET→Cyst出現でCXL
    2010年 2月 HRT FET 陰性 凍結胚盤胞もなくなる。
    2010年 3月 IVF-ET 陰性(化学流産)
    2010年 7月 IVF-ET 陰性 
    2010年 9月 IVF-BT 陰性(化学流産)
    2010年 12月 IVF-ET 陰性
    2011年 2月 ICSI-BT 陰性

    2011年 3月 Natural FET キャンセル
    2011年 5月 HRT FET → 陽性
    2011年 6月 流産(6W)
    2011年 10月 PICSI-BT 陰性
    2011年 12月 ICSI-ET 陽性
      

検索

Google

Web ブログ内

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する(FC2 Users ONLY)
List Me! by BlogPeople

Blog Bookmarks

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。